包丁一本さらしに巻いて

2020年をesaで振り返る

そういう時期ですが、この一年、振り返ってますか。この記事は カンムアドベントカレンダーの19日目です。

会社では esa をドキュメント管理ツールとして使っている。

かなり使っている。

様々な用途で利用している。

手触り感な。

一年を振り返るにあたり、日常で使い込んでいるツールからログを出力するというのは一つ便利なのではないかと思い、以下のツールを作った。

  • yeasrly

    $ ./yesarly --help
    Usage of ./yesarly:
    -apikey string
        esa api key
    -team string
        esa team
    -user string
        esa username
    -from string
        from (format: 2020-01-01) (default: 1/1 of this year)
    -to string
        to (format: 2020-12-31) (default: 12/31 of this year)

Markdownのリンク形式 [title](url) で作成日降順ソートされて出力されるので、出力をesaに張るとそのままその年の振り返りとできる。やってみたら結構便利だったので from / to を指定できるようにして月一回くらい振り返りの為のesa作っても良いなと思った。

久しぶりにコードを書いたんだけどめちゃくちゃ忘れてるし、制限時間内でしっかりしたテストコードを書くことができなかった。これはかなりショック。後でちゃんとリファクタしておきたい。

esaをどのように使ってるのかというのは一つかなり面白いトピックなので来年はまとめたい。文章は少ないけどコード書くのに時間使ってしまったので一旦これにて!